今日の昼食は、仕事から帰ってきてから

職場らーめん部員から続々と送られてくる

らーめんの写真に大いに食欲をかき立てられ、

たまらず、地元のラーメン二郎へ・・・

ラーメン二郎

めじろ台法政大学前店です。

お店の写真と地図はこちらを参照




小雨の降る13:37ですが

今日は土曜日ということもあって

4人待ちの状態です。

ちょうど券売機の前で少し並ぶ

時間があったので

15/07/18め二郎 小ラーメン(ニンニク、アブラ)1メニュー写真を

撮影

あぁ・・・

『豚ダブル』

なくなって久しい・・・

10年以上前、

きよすけが初めて

ラーメン二郎

来るきっかけとなったのが、

雑誌に載っていた

め二郎小豚ダブルの写真でした。

“小”とは名ばかりの量と

12枚は入っていた豚の枚数に

目を奪われたものです。

その頃はまだ、

ラーメン二郎という存在自体、

本店が三田にあるということすら

知らなかったのに・・・(笑)

06/12/19め二郎小豚W(ニンニク少なめ)1※その頃の

  写真です。

(^_^;)






そんなきよすけも、

今は今なりのめ二郎を楽しんでいます

14/10/18め二郎 ミニラーメン(ニンニク、アブラ)07さて、今日の注文は・・・

め二郎『アブラ』が、

こんな感じに

寸胴からあげたままの

“白い状態”から



“茶色い豚の煮汁漬け”



に変わってから

初めての・・・

15/07/18め二郎 小ラーメン(ニンニク、アブラ)2小ラーメン

(ニンニク、アブラ)

700円









15/07/18め二郎 小ラーメン(ニンニク、アブラ)3スープは、め二郎らしい

アブラっぽさはライトで

醤油がカチッと利いた

タイプ。

くるくるっとした旨味もあり

二郎初心者にもおすすめの

飲みやすいスープです

『カラメ』はコールも可能ですが

卓上に『カラメボトル』が常備されているので

後から自分好みでしっかりと

カラメにすることもできます。






15/01/07め二郎 ミニラーメン(ニンニク)06麺は、やや平打ちの

太縮れ麺です。

スープと絡むという

性質の麺ではなく、

表面に軽くスープを吸い、

ほぐもちっとした感じの

口当たりの麺は、

敢えて相手の懐に飛び込んで

皮を切らせて肉を切り

肉を切らせて骨を断つといった

すごみさえ感じさせます。

きよすけの感覚から言えばやはり

麺とスープは同列に並んではおらず

麺の印象のほうが強く残っているからです。






15/07/18め二郎 小ラーメン(ニンニク、アブラ)5ヤサイは、浅めの

ゆで加減の

モヤシ&キャベツ。

この『アブラ』・・・

ヤバいですね

箸が止まりません

ヤサイと一緒に食べると

ちょうど良い味の濃さです。

スープと混ざってしまうのが

もったいないくらいで、

麺の天地返しも忘れるほどに

夢中でヤサイを堪能しました






15/07/18め二郎 小ラーメン(ニンニク、アブラ)6ぶたは、小ラーメン

ということで2枚。

この厚さと大きさは

め二郎ならでは






15/07/18め二郎 小ラーメン(ニンニク、アブラ)7スープで温められると

しっかりとした肉質も

柔らかくなり、繊維や

ブロックに沿って

ほぐれていくような仕上がりです。






15/07/18め二郎 小ラーメン(ニンニク、アブラ)8これを12枚食べる

度胸も胃袋も、

今のきよすけ

持ち合わせていないので

豚ダブルが無くなって

悲観しているのはもはや

現役の法政大学生くらいです(笑)

(^_^;)





十分、お腹一杯なのであります

(^0^)