2012年5月4日掲載

ココログ版きよすけの悠々備忘録より転記







今日はゴールデンウィークということで


ちびすけ達と3人で


映画を観に行ってきました。


仕事の関係で、世間並みに遊びにも


行けなかったので、最後の最後で


家族サービスですsweat01

 
 

 
 
  
 

今日の観賞はこちら・・・


12/05/04TOHOシネマズ南大沢 

テルマエ・ロマエ




















近頃流行の(?)パターンで


漫画アニメ化実写映画化


という流れであります。


ちびすけ兄は、アニメから見ていたそうで


アニメ主題歌となっている


チャットモンチー『テルマエ・ロマン』


レンタルしてきてと頼まれたことがあったっけ。happy01


ちなみに・・・


チャットモンチー“良い意味”での


学生街っぽいサウンドは・・・悪くない


・・・いやスキですnote




 






映画は古代ローマ帝国の


テルマエ(公衆浴場)の設計士を


阿部寛が演じています。


ローマ皇帝やそのほかのローマ人を


市村正親、北村一輝、宍戸開などの


『濃い顔』の舞台役者が演じているあたりも


“良い意味”で小劇場の演劇っぽい


庶民的なコメディとして楽しめます。


一方、タイムスリップしてきた現代日本の


『平たい顔族』代表のヒロインは


上戸彩が演じています。coldsweats01ナイス人選sign01


銭湯を舞台にしているということもあって


上戸彩さんもすっぴんないし薄めの化粧の


場面が多いのですが、それでも可愛らしいですnote



 

しかし曲にしても映画にしても


ほめているのか、けなしているのか


なんだかよく分からない文章ですが


要するに・・・


僕はこういう雰囲気が好きなのですnote


精神年齢的にたぶん18~19歳なので・・・


(^_^;)