2009年10月31日掲載

ココログ版きよすけの悠々備忘録より転記





最近はとんとあまり買わなくなったのですが


家には昔買った漫画本が結構あります。


そんなものについても書いてみようかと・・・


(^_^;)




今回はこちら・・・

DSCN2492りびんぐゲーム
 
全10巻
 
星里もちる

 
 
 
 

 

ビッグコミックスピリッツに連載され

 

1991年(平成3年)に単行本の第1巻が


発売されました。


主人公の『不破雷蔵』25才が、


狭いワンルームのアパートが嫌になって、


2DKで9万円のアパートに


引っ越すところから話が始まります。


その後、勤めていたDM会社が


移転予定だったビルが


“震度1の地震”で傾いてしまい、


折角引っ越した自宅のアパートに


会社が“引っ越して”きてしまう・・・


さらに社長の親友の娘


『氷山一角』15才


新入社員として上京してくるも、


これまた入居予定だった


アパートが地上げで取り壊されてしまい、


雷蔵のアパートで同居することになる・・・ 

 

 
 

・・・といった、


“当時の住宅事情が盛り込まれた”


ドタバタあり、胸キュンありのコメディ漫画ですね。


TVアニメ化はされませんでしたが


もしそうなったらエンディングテーマは


平松愛理さんの


『あくびがしたい』しかないと


当時は勝手に自分で思っていました。


(^_^;)

 


 
 

思えばも、平成5年当時


横浜市瀬谷区内


2K(6畳×2、風呂、トイレ別)


4万2千円


砂利敷き駐車場込みで5万円


アパートに住んでいたのを思い出します。


窓枠が木製で、施錠はねじ込み式という


今の若い子に言っても何のことか分からない


旧式のアパートでしたが、


友達が集まったりして、


あれはあれで楽しかったなぁ・・・


(^_^)