きよすけが中高生くらいだった頃

アイドル歌謡界で好きだったのは

初めて自分でレコードを買った

小泉今日子さんだったり

部屋にポスターを貼ったりしていた

斉藤由貴さんだったのですが。。。

(^_^;)



やはり。。。

世間でよくいわれるのが

松田聖子派でしたか?

 中森明菜派でしたか?』


という話題。。。(笑)



きよすけは。。。

キョンキョンしかり

由貴ちゃんしかり

ガンを飛ばすのが得意

クールで眼力の強めな

女子が好きだったので(笑)

迷いもなく

中森明菜派でした

(´▽`)



しかし。。。

いつの頃からか

大人になってくると

不思議と

失礼な話。。。

とにかくブリッ子アイドル

だと思っていた

松田聖子さんの良さも

分かってきたんですよねぇ

(^_^;)






スイートピー



















きっかけは

やっぱりこの曲。。。



『赤いスイートピー』
 1982年

ちょうどこのところ

春らしくなってきたので

出掛けた電車の中なんかで

聴いています

(´▽`)


“煙草の匂いのシャツに

 そっと寄り添うから”


というキーワードが好きで

煙草を吸っていた時期もありました。(笑)

(^_^;)



渡辺満里奈
さんも大好きでしたが

『ちいさなBreakin' my heart』

という曲があって。。。


※映像無しの動画みたい。。。(^_^;)

実は大江千里作詞作曲なのですが

“折れたバインダーと

 タバコ臭いシャツに

 本当の気持ちを

 真面目な言葉で

 言えない大人が

 今はまぶしい”


という歌詞が出てきます



ちょっと話がそれましたが(笑)

せっかくなので。。。


松田聖子さんの曲で

何曲かピックアップしてみます。

( ^o^)









『裸足の季節』 1980年

夏に向けて聴きたい

松田聖子さんのデビュー曲です。

実際の歌声もそうなのですが

リリースされたソースを聴いても

その後の発声の印象とは

すこし違って聞こえるというか

緊張とともに

しっかりと腹から声を出そうと

しているような感じで

それがまたあとから聴くと

新鮮なのです。。。(笑)









『チェリーブラッサム』 1981年

春から夏前に向けて聴きたい一曲。

海を越えて誰かが会いに

来てくれるイメージです。

風と一緒に疾走するような

スピード感のあるテンポと

Bメロの部分の少し

八神純子さんの

『パープルタウン』が入ったような

ツバメが飛ぶ~

と変調するところが

それまでのイメージとひと味違う

“新しい私”という歌詞と

リンクしているようにも聞こえます。










『瞳はダイアモンド』 1983年

これから春雨。。。

梅雨にかけて聴きたい曲。

正式にカバーしている

歌手も多いのですが

何かの番組で

松たか子さんが歌っていたのが

特に印象に残っています。











『風立ちぬ』 1981年

イントロを聴いただけで

いかにも

大滝詠一さん作曲と

一発で分かる(笑)

秋の曲です。

ポッキーのCMの印象が。。。









『青い珊瑚礁』 1980年

ここからは怒濤の夏メドレー(笑)

選抜甲子園の入場曲にもなり

最も代表的な曲のひとつだと思います。

ちなみに。。。

きよすけは夏生まれなので

どうしても夏の曲が記憶に残ります。









『夏の扉』 1981年

フレッシュフレッシュフレッシュ

のあとにコンサート用の大砲を

どぉーんどぉーんどぉーーん

って、打ち上げたくなるのは

きよすけだけでしょうか。。。?(笑)

(^_^;)

cocolog_oekaki_2009_05_03_23_44













これなっ(笑)

(≧▽≦)












『SWEET MEMORIES』 1983年

ペンギンズ・バーで歌ってたやつです。

サントリーの缶ビールのCMですね。(笑)

カラオケで調子よく歌っていると

2番が英語なので面食らったという

人がいたとかいなかったとか。。。

(^_^;)










『抱いて・・・』 1988年

アルバム『Citron』収録曲で

シングルカットはされなかったものの

多くの人が聴いたことのある

とても人気の高い曲です。

作曲がデイヴィッド・フォスターって

大物過ぎる。。。(笑)

まぁ、この頃の松田聖子さんなら

全然ありなんでしょうけど









そして最後に。。。


『あなたに逢いたくて

 ~Missing You~』


1996年

自身初のミリオンセラー

完成された凄みを感じる。。。

台湾の男性歌手

リン・ユーチュンの歌声のように

スキが無いというか。。。

歌詞は、いろんな意味の

『別れ』にも受け取れますね。






たまには、普段あまり

聴かない歌手の曲も

掘り下げてみたら

面白いなぁと思いました

(^_^)