今日は、八王子ッコが待ちに待った。。。

平成28年八王子花火大会です

毎年、追分町にある

実家のマンションから

なかなかの眺望で観覧させて

いただいておりますが

今年は。。。何年ぶりかで

八王子市民球場

乗り込みたいと思います

\(≧▽≦)/



KIMG0392


























ちょーっと早すぎるかなぁ。。。

と思いつつも、会場の14時過ぎ

入場するために

ちびすけ弟(13歳)甥っ子(13歳)

市民球場を目指します

梅雨明けのすごい日差し

(^_^;)






DSCN0671














(^_^;) あ。。。

ダイワハウススタジアム八王子

でしたね。。。(笑)


今風に言えば、ネーミングライツ。

でもまぁ『打ち上げ会場』の中身は

相変わらず市民球場なのです







DSCN0672














まだ開場したばかりの14時台ですから

ちょうど良い高さの内野席のベンチに

余裕で席取りを完了







DSCN0674














ベンチ席の後方の芝生席にも

たくさんシートで場所取りが

されていますねー

この芝生席。。。花火だけを見るなら

最高の場所なのです

なにしろ、寝転がって打ち上がる花火を

眺めることができるのですから

でも、この通路を歩く人や

立ち見の人がいると、そう。。。






DSCN0676














16時30分から行われる

『火のまつり』がよく見えない

。。。という欠点もあるので

両方みたい人はベンチ席が

オススメです

場所取りは、暑くて大変ですけどね




KIMG0393


























日傘に扇子。。。(笑)








DSCN0673














芝生で寝転がって花火を見る。。。?

と思った人もいるでしょう。(笑)

八王子ッコでない方々には

ご説明しましょう

今日、きよすけたちは。。。

『内野席に座って

 外野から打ち上がる花火を見る』

のであります

(`▽´)/








DSCN0677














ちょうど、バックスクリーン前

センターの守備位置のあたりに

打ち上げ花火の仕掛けが

たくさん設置されています

距離にして。。。約100メートル

本格的な打ち上げ花火を

この距離から見るということが

どういうことかは

のちのち解るとして。。。






DSCN0678














内野のファールグラウンドまでは

グラウンドに降りて見ることもできますが

外野グラウンドと外野の芝生席は

危険すぎるので

『立ち入り禁止区域』


となっています。(笑)







DSCN0679














16時00分

火のまつりが始まる30分前ですが

フェンスが被ってしまう

前のほうの席で良ければ

まだ若干席に余裕はある感じです。

この辺の見極めが難しいのですが

とにかく、会場が満員になった

認められれば、それ以降は

“入場&再入場が

 できなくなってしまう”
ので

それぞれの観覧スタイルによって

来場時間を考える必要があります。







DSCN0682














16時20分

ちょっと前まで、周りの木陰へ

“避難”させていたちびすけ達

戻ってきて、いよいよ。。。

火のまつりが始まります







DSCN0683














ピッチャーマウンドの付近に

高尾山の杉の木の葉が積み上げられ

高尾山薬王院山伏さんたちが

その周りを囲みます。






DSCN0684














八王子&南大沢交通安全協会の

主催で交通安全を祈願しつつ

これまた巨大な規模の

護摩が焚かれるのです






DSCN0685














ひとしきり。。。場が清められ

“火付け役”のお二人が

いよいよ。。。








DSCN0686














『御着火』







DSCN0687














有り難い読経が響き渡る中。。。

もうもうと煙を上げ始めます

今年は。。。3塁側内野席の皆さんが

すごいことになりそうです

(^_^;)







DSCN0688


























うぉ~~ 風がやんだぁ







DSCN0690


























続いて。。。炎が 炎が

日差しに焼かれたあとに

もう一度顔を炙られているのが

はっきりと感じられます

これで『交通安全』『交通安全』






DSCN0691


























しばらく、その炎は衰えを知らず。。。

読経が続きます。。。






DSCN0693














お。。。杉が燃え尽きてきた。。。








DSCN0695














そこへ今度は。。。山伏さんたちが

木のお札を投げ入れていきます







DSCN0696














これがまた、結構な量で。。。

再び火の勢いが戻りましたが

それも徐々に落ち着き始め

何人掛かりかで、巧みに灰を

掻き分けていきます。






DSCN0697














燃えている部分を両脇に分けて

燃えた灰の上を渡れるように

道をつくっているのです。







DSCN0698














炎を上げて燃えてはいないものの

灰の上を。。。

まず、薬王院のお偉いお方から

歩いて渡っていきます







DSCN0699














灰の前後には、お清めと

足を冷やすための

両方の意味がありそうな

塩が盛られています






DSCN0700














いやいや。。。

すごい数のお坊さんが

次々と渡っていきます





DSCN0702














続いて。。。

御弟子の山伏さんたちが

渡っていきます。。。






DSCN0703














まだ。。。燃えています

(^_^;)








DSCN0704














続いて。。。

交通安全協会の皆さんが







DSCN0705














さらに。。。

続くのは、ガールスカウトの皆さん

そして。。。



DSCN0707














ちびっ子たちも

(≧▽≦)

そうです。

この火渡りは、希望すれば一般市民も

させてもらえるのです

希望者は、17時00分になったら

交通安全協会のブースで

整理券をもらって順番を待ちます。

きよすけも。。。

子どものころにもう

すでに経験済みなのです








DSCN0708














ちびすけ達は。。。

今回は、パスのようですね。(笑)

待ってるだけでもえらい。。。

(^_^;)








DSCN0709














18時05分

結構な人数が火渡りをして

護摩も燃え尽き。。。

お坊さんたちが退場して

火のまつりは終了です。

今年の交通安全も

これでご加護が得られるでしょう






DSCN0710














時は夕暮れ。。。

あと1時間で

花火大会の始まりです








DSCN0711














会場もどうやら満席。。。

といったところでしょうか

もう一度、確認しておきますが

内野に座って。。。





DSCN0712














外野から打ち上がる本格的な

花火を見上げるという。。。

つまり。。。






DSCN0716


























『ドォォーーーーン

その瞬間、身体を貫くような衝撃波

“運が良ければ(?)”

花火のかけらを

浴びることもある
ということ


実際、以前きよすけの肩に

かけらが当たったことがあります。








DSCN0717


























『目の前』。。。というよりも

『頭の上』で花火が炸裂する。。。

体感的にはそんな感じです


光と音のタイムラグは

ほんの一瞬だけで

ほぼ無いと言っていいでしょう。。。










DSCN0718


























そういうとき。。。

人はどうなるのか。。。









DSCN0720














こうなります。。。(笑)

みんな、首の角度がおかしい

芝生席に寝転がって。。。っていう

説明の意味が分かって

いただけるかと思います。

首が痛くなったり。。。

ぽかぁーーんと口を開けていて

花火のかけらが入ったら大変

本気で心配したくなる

そんな花火大会です







DSCN0723


























静止画だけでは

なかなか伝わりにくいですが

動画でも。。。

半分も伝わるかどうか

それでも、一応

動画もアップしておきました。

毎年は大変だけど

何年かに一回は

やっぱりここで見たい

。。。って思っています

(≧▽≦)