今日は、らーめんカブも無しなので

久し振りに・・・

RYTHEMの音楽についてです。

以前書いた『万華鏡キラキラ』

2004年に日本テレビ系列で放送されたドラマ


『光とともに・・・-自閉症児を抱えて-』


主題歌にもなっていて、知っている人も


いるかもしれませんね。


でも、一般的にはあまりその他の曲を


聴いたことがない人のほうが


多いのかもしれません。


ギターとキーボードを演奏しながらの


女性デュオで、


なんというか・・・


大塚愛いきものがかりの曲などにも


相通ずるところがあるのですが、


テンポのよい曲でもどこか


和風なテイストが少し入っていたり、


どことなくノスタルジックだったり


届かないところに手を伸ばしていたり、


もう会えない君に想いを馳せたり、


少し悲しげだったりする曲が、


きよすけの琴線に触れたりするんですよね。







そんなRYTHEMの曲の中で


比較的好きな曲を3つばかり・・・




 


『願い』


特に・・・“真っ赤な~薔薇に~”のところの


声が好き


(^_^;)


夕方から夜にかけての空間と


ノスタルジックな街並みに包まれながらも


想いというか気持ちのベクトルは


身体だけ残して


街から抜けて空のほうへ向けて


伸びていくようなイメージ。


間奏とラストに入る“ハァ・・・”という声は、


大塚愛『プラネタリウム』にも


そっくりな部分があって、同じような

歌詞の背景がオーバーラップして

昇華していく魂を想像させます。






 

『蛍火』

これはもう、説明は要らないかもしれません。

ただ・・・一人称の“僕”がどこにいるのか

一瞬、あれっ?と思うところもあります。

また、編曲の感じが

懐かしい『東京ラブストーリー』

『いつかまた逢える』などの

フジテレビ月9ドラマのBGMを思い出させます。

20年くらい前の雰囲気ですね。








『三日月ラプソディー』

ライブの最後はこれ・・・という

お約束の曲です。

まぁ、そういう曲ってありますよねぇ(笑)

楽しげではありますけど・・・

前述の2曲のような、胸がキュッと

なるような雰囲気は・・・ありません





それを言ったら・・・

以前書いた

『万華鏡キラキラ』には

最初の2曲も

かないませんけど

(^_^;)

『万華鏡キラキラ』の過去記事はこちらから