今日の昼食は、先日八王子大勝軒

期間限定の“まぜそば”を食べたので、

東池袋大勝軒八王子店の過去記事はこちら

かねてから行きたいと思っていた

国内における台湾まぜそばの発祥といわれる

名古屋のお店の流れを汲む

川崎市高津区にあるこちらのお店へ・・・

麺屋こころ溝の口店です。

麺屋こころ 外観@川崎市高津区

    溝口1-6-1

地図








15/04/16麺屋こころ 01朝、職場のある

横浜関内を出て

東急東横線~

JR南武線と

乗り継いで・・・

武蔵溝ノ口駅で下車です。

てくてく歩いて5分も掛からないでしょうか。





15/04/16麺屋こころ 0210:35到着です。

食べログでは

11:00開店

なっていました。

写真の通り

お店の方もいて準備中だったので

『座って待っていてもいいですか?』

と断って、ポールポジションの

丸椅子に座ります。

まぁ、30分もないからちょうど良かったなぁ

と、我ながらやる気満々ぶりに

にやついていたところ・・・

もう一人、2番手にやって来たお兄さんも

きよすけの姿を見て椅子に座りました。

さて・・・ん?

11:00を過ぎても開店しません。

少しくらい押すこともあるのかなと

思っていると

店員の女の子がお店の前に

看板を出し始めました

いよいよか?と思った矢先

看板には11:30~との記載が

2番手のお兄さん

『(ー□ー;)11:30からなんですか?』

と思わず聞いて、どこかに暇つぶしに

行ってしまいました。(笑)

いやいやホントに

食べログは、当てにならないな・・・

(^_^;)



15/04/16麺屋こころ 03開店の小一時間前から

お行儀良く丸椅子に

座っているスーツ姿の

男を見て、お店の人も

そこらを歩いている人も

仕事もしないで

サボっている暇人だと

思っていることでしょうね

はい、仕事帰りなので

暇人というなら全くその通りです。(笑)




でもそんなことは、一向に気にはなりませんよ~

15/04/16麺屋こころ 04だって、今日は

念願だったこれが

食べられるんだもん

(´∇‵)






15/04/16麺屋こころ 05“予定通り”

11:30に無事開店し

店内の掲示で

まぜそばの食べ方

おさらい&予習します









15/04/16麺屋こころ 06“追い飯”・・・

します、します

(^_^)







15/04/16麺屋こころ 07イメージトレーニングは

もう完璧です。(笑)

あとはもう・・・

“食う”だけ











そんな今日の注文は・・・

15/04/16麺屋こころ 08台湾まぜそば

+チーズ

780円+120円








15/04/16麺屋こころ 09キタァーー!

(´∇‵)


まぜそば専用

トッピングチーズも

追加しました

チーズはドンブリの底に

ピザ用のようなナチュラルチーズを

先行投入するタイプなので

目の前に現れた時の違いは

見られませんが

箸とレンゲを使って

まぜまぜしていくと・・・



15/04/16麺屋こころ 10同僚AB氏曰わく

『照りが全然違う』

という感じで

麺にチーズが

絡みつくように

コーティングされているのが

分かります



スープは、まぜそばということで

ドンブリの底の方に濃厚なものが

少量入っています。



麺は、ぴろもちもち~っとした

やや太の平打ち縮れ麺です。

程良い『伸び』と『弾力』があります。


具は、刻みニラ、刻みネギ、刻み海苔、

魚粉、刻みにんにく、卵黄、そして・・・

かなりしっかりピリッと辛い挽き肉が

たっぷりと入っています。




15/04/16麺屋こころ 11卓上の昆布酢を

少し入れると

辛味がマイルドになって

ひと味違った感じになります。






15/04/16麺屋こころ 12さて、麺を食べ終わった

ところで、店員さんに

『アレ』をお願いしないと








15/04/16麺屋こころ 13それが・・・

『追い飯』です

残ったスープと

具をさらに絡めて・・・






15/04/16麺屋こころ 14こぉ~りゃ

た~まらんらん

(´∇‵)








15/04/16麺屋こころ 15おいしかったです

\(^0^)/










さすがは元祖の流れを汲むお店ですね。

そのまぜそばは、予想通りにおいしく

そして、八王子大勝軒のまぜそばの

独自性を加味した上での完成度の高さを

改めて感じることもできました

(^_^)