2006年7月17日
第?回目の誕生日を期してココログで書き始めた
初代『きよすけの悠々備忘録』の容量が一杯になりましたので
2014年8月16日
livedoorブログへ移ってきました!
∠(^0^)

これまでどおり、多忙な毎日を癒してくれる
『おいしいもの』『スーパーカブ110』を中心に
書いていきたいと思います。

2006年から2014年までの
データ容量があまりに大きすぎて
そのまま『引っ越し』できなかったので
ココログに記事は残してきております。

ココログ時代の記事の参照は
下記のアドレスから参照できますので
今後ともどうかよろしくお願いいたします!

http://kiyosuke-taki.cocolog-nifty.com/

びんびん(元祖敏々亭)

今日は平日休みということで、

とりあえず雨も降っていないようだし

かぶすけ(スーパーカブ110)

地元八王子の床屋に行きがてら

八王子ラーメンの昼食を・・・

びんびん(元祖敏々亭)です。

びんびん 外観(2014)@東京都八王子市

   子安町1-8-17

地図







昨年の2月以来ですから

1年7か月ぶりの訪店です。

看板には・・・


『らーめん・つけ麺専門店 元祖敏々亭』


と書いてあります。


西八王子にあった敏々亭の引退閉店に伴い


代替わり継承店として移転開店したそうです。


ちなみに・・・

八王子ラーメンによく使われる

しっとりとした麺を作っている

尾張屋滝井製麺所がある

この子安町界隈には、

有名店『みんみん』店主の

お母さんが経営する『タンタン』

元電気店の『でんでん(電々)』

そして元敏敏亭の『びんびん』など

“擬音系”の八王子ラーメン店が多いのです。

改めて地図で確認してみたところ・・・


たんたんでんでんびんびんトライアングル














(ー□ー;)!!

だからなんなんだぁーー ・・・的な







さて、今日の注文は・・・

14/09/25びんびん ラーメン2ラーメン

600円












14/09/25びんびん ラーメン1スープは、あっさりとした

豚骨ベースで、

醤油がやや強めに利いた


香味タイプ。


クルクルッとした口当たりと甘みがあり


卓上の酢をひと回しかけると


クイッと引き締まった感じになります。





14/09/25びんびん ラーメン3

麺は、しっとりとした


細めのやや縮れ麺で、


八王子ラーメン王道の


尾張屋滝井製麺所製。


スープの色を軽く吸うくらいの低加水麺は


八王子ラーメンのスープにはよく合います。






具は、香りの良い海苔が1枚、


コリコリッとして味付けのしっかりしたメンマ、


薄めであっさりとしたチャーシューが1枚、


そして刻み玉ねぎです。


刻み玉ねぎは、刻み方が細かいタイプで


玉ねぎ自体の歯応えは控えめですが、


甘味と香りが絶妙に広がります


昨年より玉ねぎがさらにおいしくなってます。


(^_^)






びんびんは、醤油の香りが印象的で


八王子系の中では、


高尾の香味屋にも似ています。


つけ麺をまだ食べていないので


次回は是非食べてみたいと思います


(^_^)



にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメン ブログランキングへ



にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村



スーパーカブ110 JA10と並んで

今日は、八王子みなみ野駅前

アクロスモール駐輪場で・・・

DSCN3613かぶすけ(JA07)

JA10君と並んで

ぱちり

(^_^)





スマートブルーメタリック

やはり軽快でいいですね

コテコテのもいいけれど

ところで

IRCのタイヤ・・・これは

JA10の純正なんでしょうか?

パターンがスピードラインっぽくて

ちょっと格好いいなぁ。

(^_^)



にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村



4MINI ブログランキングへ




スヌーピー展に行ってきました♪

2013年10月15日掲載

ココログ版きよすけの悠々備忘録より転記







今日は、電車の中吊り広告を見たときに

沸々とわき上がる興奮を抑え


まばたきもせずに


しずかに鼻息だけ荒くしていた


2013年10月12日から


2014年1月5日まで


六本木ヒルズで開催されている


『スヌーピー展』へ行ってきましたnote


\(^0^)/







13/10/15スヌーピー展 01

そういえば


今日はあいにくの


rain雨模様ですが


先日購入した


防水仕様の


ショルダーバッグ


のおかげで


安心&ご機嫌の


お出掛けですsign01








13/10/15スヌーピー展 02

大江戸線


六本木駅


降りてまもなく


『でたぁーーsign01


という感じの


六本木ヒルズ


現れました。


地図) 










13/10/15スヌーピー展 03

東側にある


ミュージアム専用の


エントランスから


入場して、一気に


エレベーターで


地上52階まで昇ります。







13/10/15スヌーピー展 04

チケットを買うと


ブックレットを


渡されるのですが


このブックレット


の中には・・・








13/10/15スヌーピー展 22

ウッドストックの


シールが


ついていますnote


(^_^)


かわいいですねぇsign01








13/10/15スヌーピー展 05

また、入場時には


カルフォルニア


チャールズ・M・


シュルツ美術館


同様、手の甲に


『アストロノーツ版スヌーピー』


スタンプを押してもらえます。

 


 

 

それと有料(500円)ですが


『なるほど!スヌーピー』という


タレントの関根麻里さんがナレーションを


つとめる音声ガイドがあって


首からポータブルプレーヤーを提げて


ヘッドホンで聴きながら館内を巡ることが


できます。


きよすけも試してみましたscissors


壁に番号が書いてある所で


その番号を機器に打ち込むと


解説が流れる仕組みで


途中にクイズなどもあって


なかなか良かったですよnote

 

 


 

 

ミュージアムなので、残念ながら


『ピーナッツ』の原画など


ほとんどの展示品を含めて


撮影できるところは限られているのですが


それでも、撮影OKの展示品が


いくつかありましたnote








13/10/15スヌーピー展 06

ピーナッツも


最初は


登場人物が


スヌーピーを


含めても


4人(3人と1匹?)しか


いなかったらしい・・・







13/10/15スヌーピー展 07

やぁnote


こんにちは


チャック


(^_^)


自分に会えたようで


うれしいですsign01







13/10/15スヌーピー展 08

なんていうんだろう・・・


ディズニーランドが


好きな人が


ディズニーランドに


いるだけで楽しい


っていう感覚に似ているnote








13/10/15スヌーピー展 09

これは結構


大きいですよ。


等身大?


3頭身ですが・・・


(^_^;)







13/10/15スヌーピー展 10

やっぱり主役は


チャーリーよりも


スヌーピーなのかな


一般的には・・・


(^_^;)








13/10/15スヌーピー展 11

この顔つきは


比較的中期から


後期の柔らかい


印象の感じですね。








13/10/15スヌーピー展 12

これ、貯金箱


なんですが、


めちゃくちゃ


可愛くないですか?


なんでスヌーピーは


仰向けで屋根とかに


寝ても落ちないか


知っていますか?


『耳で押さえている』からですnote








13/10/15スヌーピー展 13

・・・ということで


たっぷり3時間


見てまわって


名残惜しくも


ここが出口です。

 

 


 

しかし・・・この後にsign01


さらに魅惑のスポットがあるとは・・・


13/10/15スヌーピー展 14\(^0^)/


じゃじゃぁーんsign01


オリジナルグッズ


ショップnote

 

 

 

 

デジカメでショップの写真を撮ろうとしたら


係の人に声を掛けられました。


どうやら、ショップも撮影禁止らしい


ということで、全体の雰囲気は


お伝えできませんが・・・


っておいおい、結構みんな撮ってるぞsweat01


スマホとかで・・・


携帯電話のカメラはいいんですか?


(-”-;)注意は平等にお願いしますよsign01


でもまぁ、『ならぬものはならぬ』なので


係の人を責めるのは筋違いか・・・


 

 

Tシャツとかホントに色々あったのですが


とりあえず、今回きよすけが買った物だけ


帰宅してから撮影しました。




13/10/15スヌーピー展 151個目は ・・・


ブックマーク


651円










13/10/15スヌーピー展 16

金属製の板に


ピーナッツの


一コマが


刻まれています。


 

 

一番後ろのサリーから順番に


前へいくと・・・


『なんでみんなこの映画をみるんだろう』


『私も同じこと考えてたの』


『テレビで男の人が2人で酷く言ってた』


『え~、そんなの分かんないでしょ?』


『もしかしたら、なにかいいところが


 あるのかもしれないな・・・』


『犬がヒーローになるとか♪』


って感じですね。


(^_^;)






DSCN2547使うのは


秘蔵の現地版


ペーパーバック


でもいいけれど・・・








13/10/15スヌーピー展 17

しばらくぶりに


この本でも


読み返すかnote


15年前に


買った本です。








13/10/15スヌーピー展 18

2個目は・・・


スヌーピー


たくさんいる


兄弟のうち


オラフくん


1575円


 

スヌーピーよりもオラフのほうが


好きなんですよねーsign01


これ、お手玉らしいんですけど


ちゃんと自分で座れますnote


投げ出した足の


ぷらぷら加減がかわいい・・・


(^_^;)








13/10/15スヌーピー展 193個目は・・・


マグカップ


1000円

 


 

 

 

絵柄は3~4種類あったかな?


各絵柄とも300個限定ということで


つい買ってしまいました。








13/10/15スヌーピー展 20そんな中でも


いつもはピッチャーの


チャックがレアな


キャッチャー姿


絵柄をゲットsign01


キャッチャーの格好して


テレビ見てる・・・note


(^_^;)


 

以上、3点購入しましたsign01


我慢したほうです・・・







13/10/15スヌーピー展 21

六本木ヒルズの


階下には


ハロウィーンの


飾り付けが


ありましたよ。


あぁ、なるほど!


あの犬小屋の中に入って


写真を撮るんだね?


でも、一人様では


かなり恥ずかしいので


今回はパスだな・・・


(^_^;)

 

 




 

DSCN2554残念ながら、


いつの間にか


失してしまって、


ずっとまた


欲しいと思っている


こういうチャーリー=ブラウンの


マスコットは無かったけれど


十分すぎるくらいに楽しんだ


スヌーピー展でしたsign01


(^_^)






Charles M.Schurz 『CHARLIE BROWN』

2009年11月5日掲載

ココログ版きよすけの悠々備忘録より転記





今日の昼食はカロリーメイト・・・


だったので“おいしいもの”


な~し・・・shock


まぁ、カロリーメイトのフルーツ味は


おいしいので結構好きですけどnote


(^_^;)


 

 

そんなわけで、今日も漫画ネタgood


20年前に、学校の購買で売っていた・・・



DSCN2547CHARLIE BROWN

<Charles M.Schurz>

 
 

 
 
 
 


 

『ピーナッツ』のタイトルで有名な


いわゆる


『スヌーピーとチャーリー・ブラウン』


ペーパーバックです。







DSCN2549基本的に

4コマ漫画なので


内容も簡単だし


子供達の会話だから


(大人びているけど・・・)


英語の勉強にも


いいかも?








DSCN2548ちなみに

僕が高校生の頃


一部の友人から


なぜか


『チャーリー』


呼ばれていたので


特に“チャック”


今でも大好きですnote








DSCN2554ほらっsign01


携帯のストラップも


こんな具合で・・・


(^_^;)








DSCN2552

当時いくらだったか


忘れましたが


2.25ドルや


2.95ドルって


書いてありますね。








DSCN2553

ちなみにこちらが


作者の


チャールズ・シュルツさん。


優しそうな感じの人ですね。


書いてくれてありがとうsign01

 
 
 

 
 

この漫画の特徴は、コミカルなんだけど


みんなで大騒ぎっていう感じではなく


『動』『静』というか、


誰かがすごく興奮していても


相手はポケーッとしていたり、


頭の上で


“グジュグジュグジュ・・・”ってのが


こんがらがっていたりで


微妙にかみ合っていないところが


面白いです。






cocolog_oekaki_2009_06_05_23_39 ←そうそうsign01
 
   こういうの
note














白土三平 『サスケ』

2009年11月1日掲載

ココログ版きよすけの悠々備忘録より転記





きよすけ所蔵の漫画本シリーズ。


今回は・・・


DSCN2495サスケ
 
全10巻
 
白土三平
 
 
 

 
 
 

真田の少年忍者『サスケ』が豊臣から徳川へと


移りゆく乱世の中で、父親『大猿』に見守られながら


成長していく物語です。






DSCN2496第1巻ではこんなに

かわいい『サスケ』も・・・


きよすけ的には


女の子なら理想の


タイプか?


柴咲コウの『どろろ』みたいな・・・ 








DSCN2497第10巻では

リアルに凛々しく


“劇画調”に・・・



 
 
 

 
 
いやいや・・・
 

そういう『成長』ではなく、もっと人間的な・・・
 
(^_^;)
 育児日記じゃないんだからsweat01

 

 

 

子供の頃には


テレビアニメの“再放送”がやっていましたが


オープニングは、琵琶やトランペットなどの


本格的な時代劇調の音楽で、


子供ごころにも少し怖い感じの画風だったり、


今ではあまり見られない印象でしたね。


例えるなら・・・


『まんが日本むかし話』の2本立てのうちの


“後半のお話”のほう・・・(ちょっと怖いsweat01

 



 

しばらく前からテレビでは、


懐かしのアニメ番組ですら


見られなくなりましたが


描写的に結構むごい場面があったり


セリフの中に


昔は特に取り沙汰されずに使っていたけれど、


今では差別用語として


放送倫理的に業界の自主規制がかかって


しまっているところがあったりで、


きっと今後も、再放送されることはないでしょう・・・



 
放送禁止用語って、見極めが難しいと思いますが

総合的な判断よりも、安全策(苦情が来ない)の方が


優先されるんだろうなぁ・・・


そういった意味では、


今年の春に公開された


映画『釣りキチ三平』


かなり思い切った快挙と言えるかもしれませんね。



 

あっ、別に『白土三平』『釣りキチ三平』
 
かけたわけではないですよ・・・
 
(^_^;)











星里もちる 『りびんぐゲーム』

2009年10月31日掲載

ココログ版きよすけの悠々備忘録より転記





最近はとんとあまり買わなくなったのですが


家には昔買った漫画本が結構あります。


そんなものについても書いてみようかと・・・


(^_^;)




今回はこちら・・・

DSCN2492りびんぐゲーム
 
全10巻
 
星里もちる

 
 
 
 

 

ビッグコミックスピリッツに連載され

 

1991年(平成3年)に単行本の第1巻が


発売されました。


主人公の『不破雷蔵』25才が、


狭いワンルームのアパートが嫌になって、


2DKで9万円のアパートに


引っ越すところから話が始まります。


その後、勤めていたDM会社が


移転予定だったビルが


“震度1の地震”で傾いてしまい、


折角引っ越した自宅のアパートに


会社が“引っ越して”きてしまう・・・


さらに社長の親友の娘


『氷山一角』15才


新入社員として上京してくるも、


これまた入居予定だった


アパートが地上げで取り壊されてしまい、


雷蔵のアパートで同居することになる・・・ 

 

 
 

・・・といった、


“当時の住宅事情が盛り込まれた”


ドタバタあり、胸キュンありのコメディ漫画ですね。


TVアニメ化はされませんでしたが


もしそうなったらエンディングテーマは


平松愛理さんの


『あくびがしたい』しかないと


当時は勝手に自分で思っていました。


(^_^;)

 


 
 

思えばも、平成5年当時


横浜市瀬谷区内


2K(6畳×2、風呂、トイレ別)


4万2千円


砂利敷き駐車場込みで5万円


アパートに住んでいたのを思い出します。


窓枠が木製で、施錠はねじ込み式という


今の若い子に言っても何のことか分からない


旧式のアパートでしたが、


友達が集まったりして、


あれはあれで楽しかったなぁ・・・


(^_^)










小山ヶ丘の夕景と『銀色夏生』

2013年11月21日掲載

ココログ版きよすけの悠々備忘録より転記





今日は、仕事帰りの町田市小山ヶ丘


大山がきれいに見えていたので


かぶすけ(スーパーカブ110)


一旦停車しました。


DSCN0229-1











手前に写っているのは


桜美林大学のクラブハウスです。


なんとなく、十代の頃を思い出します。


そんなとき、流れてくるBGMは・・・


銀色夏生プロデュースのアルバム
 
『Balance』 Vocal:Nanami Ito




とくに、3曲目


“僕たちの恋”とかが合ってるかなぁ・・・

 


 
銀色夏生の詩は十代の頃から好きで


高校生だった昭和61年初版の詩集


『これもすべて同じ一日』からはじめ


DSCN0241本はこれくらい


持っています。


年期物ですが


詩集は紙が


少し焼けた


くらいのほうが


味があっていいnote


一番下に写っているCDが


平成元年初版の詩集


『Balance』の中の詩に


メロディをつけたものです。




銀色夏生さんがある日思い立って


詩を歌ってくれる人を


当時連載していた雑誌の隅っこで


極々地味に一般募集したところ


200人くらいが応募したそうです。


その中からひとり選ばれたのが


Nanami Itoさんです。


楽曲化のコンセプトが


きっとそうなのかもしれませんが


正直、けっして声量があったり


歌唱力が優れているわけではなく


本当にどこにでもいるような


ちょっと声がかわいい普通の女の子


といった感じの歌声です。


そこに、ある種のリアリティが生まれ、


銀色夏生さんの曰く・・・


“願ったとおりの子だった”


“彼女の歌声は、私の神様でした。”


という思いを、きよすけ自身も


感じることができます。


このCDの楽曲は、


少しかなしい歌がほとんどなのですが、


胸を詰まらせながらも


瞳は前をしっかり向いている、


そんな芯があるようなないような、


分かっているような分かっていないような、


あの頃の心情がよく表現されています。













細野晴臣 『銀河鉄道の夜』

2010年2月7日掲載

ココログ版きよすけの悠々備忘録より転記





以前、『きよすけの読書』のカテゴリーで


宮沢賢治について書きました。


童話も詩集も好きなのですが


童話は馴染みやすく、


詩集は少々やっかいだとも


書きました・・・


(^_^;) 


過去記事:夏の月夜と『宮沢賢治』





そんな宮沢賢治の童話の中でも有名な


『銀河鉄道の夜』劇場用アニメ映画


1985年に製作されたのを覚えているでしょうか?


ジョバンニカムパネルラ


“猫”として描写されていたのが印象に残ります。

 



今回は、映画そのものではなく


サウンドトラックのお話・・・


P2070562銀河鉄道の夜


サウンドトラック


細野晴臣

 

 

 

 


当時、この映画の音楽を担当したのが


イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)


解散して2年後の細野晴臣氏でした。


全20曲を収録していますが、


非常に物語の本質をよく踏まえた曲づくりで、


常に涙が出る寸前で微笑んでいるような、


切なさと幻想的な雰囲気を醸し出しています。






P2070564ほら、こんな感じ。

思い出しました?


(^_^)

 

 

 

 



最初は15年くらい前にレンタルして


ずっとMDに入れて聴いていたのですが


今回改めてCDを購入しました。



 

(-”-;) ホント、Amazonって便利だよねぇ・・・


 

 

夜空を見に行ったりしたときや


仕事帰りの電車の中で聴いたり


銀河鉄道の夜に限らず


宮沢賢治作品を読むときなどにも


よりディープな世界に浸りたいならば


なかなかオススメです。


(^_^;)




 







夏の月夜と『宮沢賢治』

2009年8月4日掲載

ココログ版きよすけの悠々備忘録より転記





今夜は夕食にラーメンを食べた帰り道に


八王子市大船町辺りを通り掛かると・・・




DSCN1930小山越しに

雲に霞んだ


月が見えました。


“おぼろ月”


本来、春の季語


ですが、夏の月夜も


また涼しげですよね。








DSCN1932

少し角度を変えると


月が輪くぐりをして


います。(笑)


こんな月夜は


宮沢賢治の童話でも


読みたくなります。


(^_^)

 
 

 



 
  
 

宮沢賢治の本はたくさん持っています。


月並みですが、童話の中では


やはり“銀河鉄道の夜”が一番好き。


でも、なんというか


どの作品・・・というよりも、


全体的な世界観みたいなものに


浸るのが好きなんだと思います。


例えば、ディスニーランドに行ったら


もちろんそれぞれのアトラクションも


楽しいけれど、そこにいるだけでも


いいっていう人いるでしょう?


(^_^)

 
 
 

 

ところで宮沢賢治の作品は、


“童話”は馴染みやすいけれど


“宮沢賢治詩集”に手をのばすと


少々やっかいなことになります・・・


(^_^;)


小学校の教科書にも掲載されている


『永訣の朝』などは文章も


分かりやすいのですが、


多くの詩は難解を極めることもしばしばsweat01


文章がむずかしいということではなくて


ある意味、かなり“超越”しているので・・・


おそらく“幻聴”“幻覚”にも悩まされて


いたのかもしれない。


(-”-;) いや、若しくは・・・


むしろ聡明で感受性が高すぎたので


敢えてそういう方向に自分の精神を


自ら意識的に“放出”することによって


自分を保っていたのかもしれません。

 
 
 

 
 

いずれにしても・・・


派手さはないけれど、


ディープな刺激が欲しい人は


挑戦してみてはいかがでしょうか?


(^_^;)






エビラーメン初代海老秀関内桜通り店

今日の昼食は、仕事帰りに

横浜関内で・・・

エビラーメン初代海老秀

関内桜通り店です。

エビラーメン初代海老秀関内桜通り店 外観@横浜市中区

  住吉町3-28

地図








先日の八王子市麺や樽座に引き続き

味噌+海老風味シリーズ第二弾です。

山形県に本拠地を置く海老秀

関東第1号店です。







エビラーメン初代海老秀関内桜通り店 店内1店内はワイングラスが

上方に提げられ、

スポット照明がお洒落な

カウンターが、

厨房を囲むように配置された

バースタイルとなっています。

店内のBGMもまた、

お洒落なアメリカンイージーリスニングで

ラーメンBarといった落ち着いた趣です。

この大人でお洒落な雰囲気

後々のきよすけの一言

“大変なこと”になろうとは

このときはこれっぽっちも

思っていなかったのですが・・・

それは、ラーメンの後のお楽しみ

(^_^;)






エビラーメン初代海老秀関内桜通り店 店内2カウンター上には

一般的な調味料や

グラスなどが、

きちんと並べられて

います。

とてもきれいな店内ですね








エビラーメン初代海老秀関内桜通り店 店内3『NO RA-MEN

  NO LIFE』


はい、その通りです

『NO 二郎

  NO LIFE』


という人もいますよね~

(^_^;)








エビラーメン初代海老秀関内桜通り店 メニュー12014年9月現在

メニュー構成です。

プラス50円

辛味噌を追加する

ことができるみたいです

基本的にラーメンとつけめんの

二本立てとなっています。




 
 

エビラーメン初代海老秀関内桜通り店 メニュー2予想どおりですが

『酒類』

ラインナップも

カクテルや清酒、

グラスワインも飲める

まさにラーメンBarなんですね

まぁ、今回はお昼時なんで

ほとんどのお客さんがラーメンオンリーで

回転は早いようでしたけれども。

海老おにぎりもおいしそうですよね

(^_^)







さて、初訪店の今日の注文は・・・

14/09/24エビラーメン海老秀ラーメン

+辛味噌

750円+50円










スープは、ライトに仕上げた豚骨ベースの

赤主体の味噌味で、スープ自体に

粉砕海老を合わせたような、

かなりガッツリとした海老風味が特徴です。

通常の味噌スープに海老油で香りをつけた

八王子の麺や樽座とは対照的で

それぞれ面白いですね。

海老の風味と合わせて

ちょうど良い濃厚さを出している感じです。

追加の辛味噌は、別皿で提供され

好みで加えていくことができます。

唐辛子系の辛味噌は、海老味噌との

相性も良いですね。

辛味噌があるのとないのと

どちらも好きなので、

後半から加えていくことができるのも

うれしいスタイルです。






14/09/24エビラーメン初代海老麺は、ほど良く

多加水な

ぽるもちっとした

太縮れ麺です。

個性的なスープとのバランスは

ちょうど良いと思います。

量は一般的なボリュームですね。




 

具は、三枚バラチャーシュー、茹でキャベツ、

長葱、淡い味付けのメンマ、糸唐辛子、

寿司用のようにしっかりとした厚みの海苔、

海老粉末です。






ところで・・・

(^_^;)

前述のお洒落な雰囲気の店内で

今回はカウンター席の一番右端に

座ったのですが、

ふと目の前のカウンター上に目をやると・・・

エビラーメン初代海老秀関内桜通り店 店内4さりげなく

且つ無造作に

このようなDVDが

置かれていました。

『おいらの海老秀』?

『EVERYBODY EBIHIDE』??


(ー□ー;)!! 

海老秀のテーマソングか何かか?


さっそく、お店の人に

『このDVDって、どういう扱いなの?』

と聞いてみると、

『社長ともう一人が歌ってて、

   一応売っているんです』


とのこと。

(^_^;) 売り物なんだあ・・・

微妙な汗をかいていると、お店の人が

『曲、かけましょうか?』

というので、軽い気持ちで

『じゃぁ、お願いします

店内BGMとして

流してもらうことになったのです。

それが、この2曲です。












突然、店内に

『香港版ロックンロール』みたいな曲と

『戦隊ヒーローもの』のような曲が

大音量で響き渡ったのです

しかも、

てっきり1曲ずつかけてくれるのかと思ったら

この2曲が延々と繰り返しリピート

さっきまでの“お洒落なラーメンBar”

雰囲気が一変して、

『ゴーゴーカレー』の店内のような

“ジャンク”な雰囲気に包まれたのでした

(^_^;)

きよすけがお願いしたのを分かっている

他のお客さんも結構いたので、

若干こっぱずかしい感じも・・・

静かでお洒落な雰囲気を

楽しみに来たお客さんの

熱い視線が注がれるーーっ

結局、きよすけが食べ終わって

店を出るまで、

社長ともう一人の歌が流れていました

『え び ひ で~~~

(^_^;)




にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村



ラーメン ブログランキングへ


アクセスカウンター(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

きよすけ

《主な特徴》
 『カニビー』こと、かに座のB型。
 占いなどでよく言われる性格はほぼ該当する。
 ※ただし…
 マイペース、あまのじゃく、熱しやすく冷めやすい、自分の好きなことにはこだわるが、そうでもないことは全く気にしない…など、たいがいあまりいいことは書かれない。
(-”-;)
《居城》
 七国城
 (東京都八王子市)
《資格等》
 柔道初段
 普通自動2輪(中免)
 普通1種(普通車)
 大型2種(営業バス)

ブログ内記事検索
カテゴリ別アーカイブ
ブログ村リンク
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
ブログ村リンク
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
ブログ村ランキング
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード