2006年7月17日
第?回目の誕生日を期してココログで書き始めた
初代『きよすけの悠々備忘録』の容量が一杯になりましたので
2014年8月16日
livedoorブログへ移ってきました!
∠(^0^)

これまでどおり、多忙な毎日を癒してくれる
『おいしいもの』『スーパーカブ110』を中心に
書いていきたいと思います。

2006年から2014年までの
データ容量があまりに大きすぎて
そのまま『引っ越し』できなかったので
ココログに記事は残してきております。

ココログ時代の記事の参照は
下記のアドレスから参照できますので
今後ともどうかよろしくお願いいたします!

http://kiyosuke-taki.cocolog-nifty.com/

大岡家

今日の昼食は、仕事帰りに

JR横浜線鴨居駅で途中下車・・・

大岡家です。

大岡家 外観1@横浜市緑区

  鴨居1-8-12

地図





鴨居駅南口を降りると・・・

大岡家の看板の中へ

おばあちゃんがどんどん吸い込まれていく・・・

(^_^;)
 
 



実はここ、以前『神の玉』があった

ビルの間にある抜け道で

神の玉の居抜きでできたのが・・・

大岡家 外観2大岡家なのです。

(^_^)

鴨居居住の

同僚KR氏

店が変わっていることを

教えてもらいました

 


 
 
 
 
ちなみに『神の玉』の過去記事はこちらから

 
  
 


おばあちゃんが吸い込まれていった看板・・・

(ちがぁーーーう

そう、看板を見てピンとくる人も多いと思いますが

ここ大岡家は、いわゆる吉村家を宗家とする

“家系”ではなく、“町田商店系”
 
横浜醤油豚骨のようです。

ここに来るまで、てっきり家系かと思ってました。

町田商店が好きなきよすけの期待は

俄然高まってきます。

\(^0^)/


 





さて、今日の注文は・・・

14/07/14大岡家 ラーメンラーメン

(好み普通)

680円

+無料小ライス



 
 
 

スープは、香りの良い濃厚な豚骨ベースで

くるくるっとした旨味が感じられます。

醤油はしっかりめで、町田商店のそれを

感じさせる仕上がりです。
 

  

 
麺は、しともちっとした太縮れ麺です。

かむと案外しっかりしたクニクニっぽさも

持ちあわせています。

 
 

  
具は、六角橋の九ツ家を彷彿させる

燻製っぽい香りをわずかに感じるチャーシュー、

ほうれん草少々、刻みネギ、海苔です。


 
 

 
通勤経路が変わって、町田街道の

町田商店マックスに
 
しばらく行けてなかったので

ちょうど良いところに具合の良い店を

教えてもらいました

(^_^)



 

 

ちちの運命はいかに・・・

今日もそろそろ寝る時間といったころ

ふと見ると、ちびすけ弟(11才)

何か一生懸命書いています・・・

ん? これは何かな?

2014-07-12-22-17-09_decoちびすけ弟に訊くと

ひとこと・・・

『ちちに対する作戦です』

Σ( ̄ロ ̄|||)えっ!!

1・2・3・5・・・

えっ、4は?

(((( ;゚д゚))) ちちはどこかに

逃げたほうがいいのでしょうか?






作戦は、さらに続き・・・

2014-07-12-22-19-49_decoやばい・・・

これ、やられるやつだ

なんか、いっぱい

いるんですけど・・・



 




 
 


2014-07-12-22-24-50_deco増えてるしーーっ

(((( ;゚д゚)))



 

 
 
 
 
 
 
 
 
よく分かりませんが・・・

このあと、気持ちの良い頭のマッサージを

よーくしてくれました

(´∇‵)

 
 
ちち・・・やられてない?

(^_^;)


 

 


スーパーカブ110 東京堂目白店へ

今日は、昼食を杉並区の

永福町大勝軒で食べたあと

かぶすけ(スーパーカブ110)

さらに東へ

向かった先は、カブパーツで有名な・・・

東京堂目白店です。

DSCN2910@東京都新宿区

  中落合3-27-3

地図

 
 
 
 
 

 
 
 
DSCN2913かぶすけ

参上

(^_^;)





 



本当は、スポーツチェンジペダル

あれば買いたかったのですが、

あいにく欠品でしたので・・・

DSCN2911スーパーカブ

ストラップ

324円


を購入

 
 


  
満足満足です

\(^0^)/





永福町大勝軒

今日の昼食は、かぶすけ(スーパーカブ110)

甲州街道を東へ向かい、東京都杉並区へ・・・

永福町大勝軒です。

永福町大勝軒 外観@東京都杉並区

    和泉3-5-3

地図
 

 
 
 
 
 

ラーメン好きにはご承知の通り

『大勝軒』には、

鉢巻きのおじさんで有名な“東池袋系”

更にそれとルーツを同じくする“中野・代々木上原系”

それと、これらとは全く関係が無いが

同様に人気があり、各地に支店が存在する

“永福町系”があります。



今回はその“永福町系”の総本山へ

客層は、午後2時の時点では

自分も含めて(笑)中高年世代オンリー

昭和の雰囲気がめっちゃ漂っています。

 
 
 

永福町大勝軒 メニュー2014年現在の

メニューは

このとおり。

1080円スタートは

少々びっくり

客の年齢層が高いのは

むしろこの値段設定からくるのか・・・

 

  
 
さて、今日の注文は・・・

14/07/11永福町大勝軒 中華麺中華麺

1080円

 

 
 
 
 
 



スープは、煮干しをガツンと利かせた

魚介系醤油豚骨味です。

表面には透明なラード油が多めに張り、

店内には『初めての方は熱さに注意』

貼り紙が掲示されているほど

麺を持ち上げると、

麺を“油通し”したようになります。

最近、個人的に“油”が多いと

『やられてしまう』ようになったので、

最初はおいしかったけれど

後半はややつらかった

ホントに最近は、餃子のつけダレに

ラー油も入れられない・・・

(^_^;)


 
 


麺は、とぅるとぅるっとした口当たりの

中太縮れ麺です。

やや柔らかめの仕上がりで、

前述の通り、スープの持ち上げではなく

“油”の持ち上げが良く、スープ自体はそこに、

その一部である“魚粉”をかろうじて託し、

己を主張しています。

麺の量は、知らずに注文すれば

間違いなく“面食らう”ほど多いです。

一般的なラーメンの大盛り以上は

絶対にあります。





 
具は、メンマとチャーシューの香りは

さすがのこだわり。

海苔とナルトは・・・普通ですね。

(^_^)






総合的な印象としては、

量がすごく多い、スープのある油そば

といった感じのガッツリしたラーメンなのですが、

客層は中高年が多く、昭和30年代から

愛され続けているひとつのジャンルを

確立しています。

(^_^)


 
 
 



らーめん専門店小川町田小山本店

今日は平日休みということで

昼食は町田市小山町へ・・・

らーめん専門店小川
 
町田小山本店
です。

らーめん専門店小川町田小山本店 外観2@東京都町田市

   小山町4409

地図

お店のHP
 


 
ココログ版の過去記事はこちらから) 


 
 
 
『らーめん専門店小川』

『しょうゆのおがわや』

『小川流』の3ブランドを展開する

小川グループの本店です。


そう 選べるチャーシューの

(^_^)


 




今日の注文は・・・
 
14/07/09らーめん専門店小川町田小山本店半ちゃーしゅー

(麺かため)

880円



 
 
 
  

 
 
スープは、濃厚な豚骨に鰹出汁を

しっかり利かせた醤油味。

『しょうゆのおがわや』よりも

醤油の色味は薄いが、

塩っ気はむしろ強く感じます。

薄口醤油のような印象ですね。


 
 


14/07/09らーめん専門店小川町田小山本店麺は、他の2系列の

太麺とは異なる

白っぽい細ストレート麺。

替え玉や麺のかたさを

『バリカタ』まで選べるなど、

九州っぽいニュアンスを醸し出すが、

いい意味でニュートラルな位置にとどめている。

 
 
 
 
 

14/07/09らーめん専門店小川町田小山本店具は、小川系共通の

選べるチャーシューから

今回もお気に入りの

“バラ”を選択。

その他、海苔が1枚と

シャキシャキの刻み分葱が入ります。

 
 
 
 
 

らーめん専門店小川町田小山本店 選べるチャーシュー選べるチャーシューは

こんな感じですね。

(画像は小川HPより)

ほろほろっと

とろけるようなバラちゃーしゅーは、

このために来ていると言っても過言ではありません
 
(^_^)
 
 
 

 
 

節の一分

今日の昼食は、仕事帰りに

JR横浜線橋本駅で途中下車・・・

節の一分です。
 
節の一分 外観@相模原市緑区

    橋本6-2-2

   B’モール1階

地図
 

 
 
 
東池袋大勝軒の流れを汲む独立店であり

純粋な豚骨魚介醤油系と

野菜たっぷりで卓上の生ニンニクを搾るような

ラーメン二郎インスパイア系の

二本立てのメニュー構成となっています。
 
節の一分 メニュー(13/01/11現在)2013年1月現在の

券売機の状況です。 
 

 
 


 
 
ココログ版の過去記事はこちらから
 
 
 
 
 


今日の注文は・・・

14/07/08節の一分 大勝軒魚介辛み味噌つけ麺+節玉 2辛味噌つけめん

+節玉(無料)

880円



 
 

 


14/07/08節の一分 大勝軒魚介辛み味噌つけ麺+節玉 1辛さは・・・

普通辛と激辛が

選べますが

普通でいいかな
 
 
 
 
 
 
 
 
14/07/08節の一分 大勝軒魚介辛み味噌つけ麺+節玉 3スープは、濃厚な

豚骨魚介ベースに

赤、八丁、白など

数種類のブレンド味噌を

合わせたもの。

浮かぶ海苔の上には、魚粉と唐辛子がスタンバイし

スープを更にガシッとしたものに変化させます。


 
 

14/07/08節の一分 大勝軒魚介辛み味噌つけ麺+節玉 5無料の節玉は、

見た目のとおり

節系の調味料と

刻み玉ねぎで

できた団子で、節好きの方には

まさにトドメのひと玉
 
 
 
 
 
 
14/07/08節の一分 大勝軒魚介辛み味噌つけ麺+節玉 4もちろん、卓上の

生ニンニク(無料)は

インスパイア系のみならず

大勝軒系でも使えます。



 
 
 
 

14/07/08節の一分 大勝軒魚介辛み味噌つけ麺+節玉 6麺は、大勝軒直伝の

太ストレート麺。

普通盛で300gあります。

やや柔らかめで

もちもちとした口当たり。

麺の性格上、水切りをしっかりすると

麺同士がくっついてしまうからか、

水切りは控えめです。

これにより、なめらかなのど越しを

狙っているのでしょう。
 
 
 
 
 

14/07/08節の一分 大勝軒魚介辛み味噌つけ麺+節玉 7具は、厚く大きめな

チャーシューが1枚、

魚粉と唐辛子、また

その受け皿ともなっている

海苔が3枚、メンマ、刻みネギ等です。

 
 
 
 
 
 
 
 
14/07/08節の一分 大勝軒魚介辛み味噌つけ麺+節玉 8卓上のポットには

割りスープが用意され

適宜自分でスープ割りを

楽しむことができます。

割っても・・・辛い
 
(^_^;)

  


  
 


相変わらず大勝軒のベースを踏襲しつつ

独自性を前面に出した面白いつけめんでした

(^_^)


 
 

 


シンキングタイム(仮)

DSCN2892
 

 
 
  

 
 
 
 
 

進むべき道のラインは

自分自身で引いたものなのか

引かされたものなのか

自分自身で修正しているのか

されているのか

大層なことを言って

問題にしていたことが

どうでもいいことだったことに

気づき始めていた。



大切なのは、自分の足で

そこを歩いていくという



『意志』



なんだということ。



kiyosuke


 
 
 


DSCN2893

 

 
 


 

 




 
 
 

ど♪みそ町田店

今日の昼食は、仕事帰りに

JR横浜線町田駅で途中下車・・・

ど♪みそ町田店です。

お店の写真と地図はこちらを参照
 
 
 


7月の限定らーめんと8月末までの夏季限定は、

いずれも冷やし系らーめんだったので

今日の注文は、定番メニューを味玉付きで
 
14/07/05ど・みそ町田店 みそカレーらーめん2みそカレー

らーめん

+味玉

880円+100円

 
 

 

スープは、しっかりとカレー味がついていながら

ベースの味噌豚骨とのバランスは保っています。

あくまでも、ど♪みそのみそらーめんである部分は

残してあるところが、限定メニューとの違いといった

ところでしょうか。

 
 
 
  


14/07/05ど・みそ町田店 みそカレーらーめん3麺は、浅草開化楼製

ほぐほぐっとした

太縮れ麺です。

おいしいですね~



 
 
 
 
 
 
14/07/05ど・みそ町田店 みそカレーらーめん4具は、挽き肉そぼろ、

茹でモヤシ、刻みニラ、
 
糸唐辛子、そして

追加の味玉1個です。
 
味玉は、きんとん状の黄身が

こってりらーめんの良い箸休め的な

役割を担っています。

また、ランチタイム無料サービスの『半ライス』

麺食後に投入すれば・・・スープ最後の一滴まで

楽しむことができましょう。


 
 


やはり、ときどき無性に

食べたくなりますねー

(^_^)






極楽汁麺らすた

今日の昼食は、仕事帰りに

東急東横線 日吉駅へ・・・


 
日吉も以前は仕事で結構出入りしていました。

お店の入れ替わりもかなり多くて

しばらく来ていなかったのでどうなっているか

本命の前に、ちょっと散策
 
(^_^) 




極楽汁麺らすた 周辺店 1この3店は

健在のようですね。

『とんかつ三田』の

から揚げ定食は

ご飯3~4杯はいける

あっ、当時なら・・・ですけど

『あびすけ』も駅前の狭い店舗のころは

抜群においしかったなぁ
 
『どん』は見た目のとおり二郎インスパイア店。

ここへ来ると毎度、どこに入るか迷わされます

(^_^;)

 
 
 
 
極楽汁麺らすた 周辺店 2『武蔵家』って・・・

食べたことあったかなぁ・・・

ココログ版の過去記事にも

ないし、

覚えていないということは

未食なのでしょう。

でも、慶大生のこの行列をみると

それなりにおいしいのだと思います。




 
極楽汁麺らすた 周辺店 3『←』っていうお店(笑)

店名が長すぎて

書くのめんどくさい

(^_^;)

ここ、『ポクポクポクチン』があったところでしょ?

ここもよくお店が変わりますよね。

 

 
 

前置きが長くなりましたが

そろそろ今日の本命に・・・

極楽汁麺らすたです。

極楽汁麺らすた 外観@横浜市港北区

 日吉本町1-5-41

地図

 
 
 


 

今回初訪店の『らすた』は、 

そんな入れ替わりの激しい日吉界隈において

定評のある有名人気店です。

先ほどの『武蔵家』やなどよりは

お客の年齢層は高めですかねぇ。

以前は17時くらいの夜の部しかやっていなくて

食べる機会がなかったのですが

数年前からお昼も営業するようになっていたようです。


 
 
 

さて、今日の注文は・・・

14/07/02極楽汁麺らすた ラーメン+ねぎめしトッピング1ラーメン

(好み普通)

+味玉

+ねぎめしトッピング

620円+100円+100円

 


 
小ライスはランチ無料ということで、

その上にかけるねぎめしトッピングを加えて注文。

同僚KR氏がオススメだったので
 

  


  
 
14/07/02極楽汁麺らすた ラーメン+ねぎめしトッピング2ラーメンがよく見えないので

ライス上に海苔を一時退避

したところ・・・

(-□-;)!!

おおっこれは・・・

『ハヤクチャーシューヲスープニシズメロ』

サインが出ているぞ

間違いなく“化ける”おいしそうなチャーシュー
 
 

  



スープは、とても濃厚な豚骨&鶏ベースの

横浜醤油豚骨です。

味はやや濃いめで、家系直系のような

ある意味レトロでしっかりした仕上がりです。


 
 

 

14/07/02極楽汁麺らすた ラーメン+ねぎめしトッピング3麺は、しともちっとした

太縮れ麺です。

デフォでややかための

茹で加減は、なかなか

おいしいですね


 
 

 
 
14/07/02極楽汁麺らすた ラーメン+ねぎめしトッピング4具は、さきほど既に

スープに沈めておいた

厚く大きく柔らかい

チャーシューが1枚、

ほうれん草、大きな海苔が3枚、
 

  
 

 
 
14/07/02極楽汁麺らすた ラーメン+ねぎめしトッピング5そして、追加の

味玉が1個です。

適度にサシの入った

チャーシューは

予想通りの化けっぷりで

ふっくらもちもちで

十分に堪能しました
 
 

 


14/07/02極楽汁麺らすた ラーメン+ねぎめしトッピング6ねぎめしトッピング

なるほどなかなか

イケますな

胡麻油系の調味が

絶妙です。






 

 
正統派のおいしい横浜醤油豚骨ラーメンでした

食べログや自称ラーメン好きの方々の評価として

『たしかにおいしいけど、騒ぐほどのもんじゃない』

という意見がときどき見られますが、

そうなんですよ、おいしいんです。

それだけでいいんですよ。

前にも書きましたが、

真のラーメン好きは、
 
メディアで騒がれるようなお店にも

過度の期待を持っては臨まないのです。

ついついそういうお店に

“衝撃”や“感動”を求めがちなのですが、

そういうことはとても稀で、

普通においしければ

『おいしいって言うだけなのです。

(^_^)






磯沼牧場の牛

きよすけの自宅(七国城)

わりと近くにある牧場でのひとコマ・・・

磯沼牧場です。

地図






DSCN2854うしです。









 
 


DSCN2856わたしも

うしで~す。



 
 
 

 



 
 
DSCN2857このなんか

花のつぼみ

みたいなやつが

うまいんだよね~



草ばっか食べてると思ってたでしょ(牛笑)

牛なんて。


あんまり喋るときよすけさんに

『田舎だと思われる』って

怒られますから

このへんで失礼しま~す。

 
 
 


アクセスカウンター(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

きよすけ

《主な特徴》
 『カニビー』こと、かに座のB型。
 占いなどでよく言われる性格はほぼ該当する。
 ※ただし…
 マイペース、あまのじゃく、熱しやすく冷めやすい、自分の好きなことにはこだわるが、そうでもないことは全く気にしない…など、たいがいあまりいいことは書かれない。
(-”-;)
《居城》
 七国城
 (東京都八王子市)
《資格等》
 柔道初段
 普通自動2輪(中免)
 普通1種(普通車)
 大型2種(営業バス)

ブログ内記事検索
カテゴリ別アーカイブ
ブログ村リンク
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
ブログ村リンク
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
ブログ村ランキング
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード