2006年7月17日
第?回目の誕生日を期してココログで書き始めた
初代『きよすけの悠々備忘録』の容量が一杯になりましたので
2014年8月16日
livedoorブログへ移ってきました!
∠(^0^)

これまでどおり、多忙な毎日を癒してくれる
『おいしいもの』『スーパーカブ110』を中心に
書いていきたいと思います。

2006年から2014年までの
データ容量があまりに大きすぎて
そのまま『引っ越し』できなかったので
ココログに記事は残してきております。

ココログ時代の記事の参照は
下記のアドレスから参照できますので
今後ともどうかよろしくお願いいたします!

http://kiyosuke-taki.cocolog-nifty.com/

みなみ野の朝焼け

2008年12月9日掲載

ココログ版きよすけの悠々備忘録より転記






今朝、出勤するときの東の空が綺麗だったので


ひとまず撮影を・・・


dscn0350午前6時15分
 
気温0℃

 
 
 
 
 

 

いつもより5分早く家を出たおかげで


しばし見ていられる余裕がありました。 


ちょうど聴いていた


『アルジャーノンに花束を』のサントラが、


この景色に合っています。


ドラマの放送は2002年でしたが


メイン・テーマは、現在も旅番組などで使用されていて、


印象深く、旅情、郷愁といった感情が


自分の中にふっと浮かんでくる曲です。






 


動画:『ぷりんと楽譜』さんからお借りしました。


    不都合あればお知らせください。

森山直太朗 『さくら(独唱)』

2008年9月19日掲載

ココログ版きよすけの悠々備忘録より転記





実は先日、朝の通勤電車の中で


が止まらなくて参りました。


(-_-;) 秋の花粉症じゃぁないですよ。



 
そのときは、何気なく携帯電話に入っているプレーヤーで


音楽を聴いていたのですが、季節はずれに春っぽい曲が


続いていて、その中に・・・


森山直太朗の『さくら(独唱)』が入っていました。


僕はずっと、この曲は“卒業”の歌だと


思っていたのですが


歌詞をよく考えると少し違和感があります。

 

そして、気づいたとき“やばい・・・”と思いつつも


下を向いて泣いていました。


前もって誰かから知識として聞いていれば、


そこまで感情が刺激されることはなかったかもしれません。




気になる歌詞というのは


たとえば・・・


『さくら さくら 今、咲き誇る
 
刹那に散りゆく運命と知って
 
さらば友よ 旅立ちの刻 変わらないその想いを 今』


であったり


『さくら さくら ただ舞い落ちる
 
いつか生まれ変わる瞬間を信じ
 
泣くな友よ 今惜別の時 飾らないあの笑顔で さあ』


の部分は、もちろん桜のことを歌っているのですが


卒業という人生の節目に際しては、やや重すぎるような


気もします。




なんだか気になって、帰宅してから色々と検索してみたら


やっぱり同じことを感じている人が多いみたいです。


・・・というか、すでに周知の事実なのでしょう。




戦時下の別れ歌なのだということ。



『さらば友よ またこの場所で会おう』

“靖国で会おう”という言葉との符合は


少し飛躍しすぎかもしれませんが、


自分の祖父母の若かった頃という極めて近い過去に、


現実として言ったり聞いたりしていた言葉や心情を、


考える上での一つの解釈としては、


あってもいいのかもしれないと思いました。

 


 

ちゃんと生きなきゃ、と思います。
 
(^_^)









いきものがかり 『茜色の約束』

2008年5月28日掲載

ココログ版きよすけの悠々備忘録より転記





今年に入ってから、


『いきものがかり』


の曲をよく聴くようになりました。



 

SAKURAでデビューした頃は、


それほど気にしなかったのですが、


今年の1月に発売された


『花は桜 君は美し』


アップテンポな和風アレンジが


とても気になってアルバムを聴いたりしてみたら


うまく言えませんが、


意外と“今風でない”曲調と


吉岡さんの声が耳に心地よく、心の奥の方を


ぎゅっ と


つかまれたような気がします。



 
 

特に好きなのは、ちょっと前に携帯電話の


auのCMソングでもあった


『茜色の約束』という曲。


恋人と“手をつないで”これからも歩いていこう


というような内容なのですが、歌詞のある部分が


すご~く深いところに踏み込んでいます。




(歌詞抜粋)
 
やがて「別れ」が訪れても 
 
ふたり すべてを 受け止めていく

「出逢った場所」も「今いる場所」も 
 
永遠に 心と 繋がっている
 
ほら 振り返れば 足跡が 続くよ
 
だから
 
泣いて 笑って つないだこの手は 
 
最後の時まで離しはしないで
 
この道の先を またふたりで
 
歩いていこう… 歩いていこう…
 
(以上抜粋)

 
 
 

(T0T) だめだ・・・ 

外では聴けない・・・



 

最後の時って、恋愛の終わりっていうことじゃなくて


意味的には“最期の時”だと思うんですが


最愛のパートナーとの死別って、


なかなか意識することはないですよね。


この曲は・・・


意識した上で歩いていく決意をしている。




最近、余命1ヶ月の花嫁という本を読んだり、


妻が100万人に1人の病気になり、入院したりして


どうしても、そういう風に聞こえてしまうのと同時に、


こういう強い気持ちでつながっていることを


大事にしていきたいと思うわけです。

 

 

そういえば最近、手をつないでないなぁ・・・
 
(^_^)












至福の一杯はJAZZと共に・・・

2007年10月7日掲載

ココログ版きよすけの悠々備忘録より転記





僕がお酒を飲むとしたら・・・


BGMは間違いなく『JAZZ』です。



 

(・。・) えっ!?



 

じゃぁ、飲むのはウィスキーかブランデーかって?


いえいえ、日本酒でも焼酎でも意外と合うんです。


 

 

たとえそこが、“居酒屋”だったとしても・・・


BGMはJAZZだったらうれしいですね 
 
 
 

そんな僕が影響されたTV番組があります。


ケーブルTVの旅チャンネルでやっている


『居酒屋紀行シリーズ』です。


太田和彦さんというグラフィックデザイナーが


リポーターとなって全国へ赴き、


自ら“ハシゴして飲み歩く”という


なんとも羨ましい番組です。



 

この番組のBGMに流れているのがJAZZ


太田和彦さんが監修したCDも出ています。




DSCN4904JAZZatIZAKAYA


VOL.1


 

 

 

 

 




 

盃を片手に、


思わず目を細めて微笑んでしまうような


至福のひと時なら、


決して悪酔いするようなことも


ありますまい・・・


(^_^)






 








 

 


中央自動車道 石川PA下り

今日は、麺や樽座小宮店

お昼ご飯にラーメンを食べたあと、

冷たいコーヒーを飲みに立ち寄ったのが・・・

中央自動車道石川PA下りです。

14/09/19石川PA下り ぷらっとパーク2@東京都八王子市

       石川町

地図







(ー□ー;)えっ!!

かぶすけ(スーパーカブ110)で?






14/09/19石川PA下り ぷらっとパーク1『ぷらっとパーク』

という一般道から

アクセスできる

PAが増えてきています

からねー

駐車場は普通車が2台と、規模は小さいほう?

このスロープの上に自転車マークのついた

『駐輪場』があるのですが、

かぶすけ(スーパーカブ110)

進入していっていいものかどうか迷いまして、

裏通りということもあり

電柱の影に隠れるようにかぶすけ

待機中です(笑)

(^_^;)





14/09/19石川PA下り ぷらっとパーク3石川PA

大きな改装が

ありまして

以前から

そばなどがメインなるも

八王子ラーメンを出していた

『石川亭』というお店が、

『八王子らーめん 麺や石川』

という、八王子ラーメンを前面に出した

洒落た店構えになっていました

結構な混雑ぶりですよ

石川亭の頃の過去ログはこちらから






14/09/19石川PA下り ぷらっとパーク4そしてここには

ドトールコーヒー

あるのですよ

(^_^)







14/09/19石川PA下り ぷらっとパーク5八王子ラーメン

またいずれ

食べに来てみまーす

(^_^;)




にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
にほんブログ村




にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村

麺や樽座小宮店

今日は午前中、役所と銀行へ用事があって

昼食はどこかでラーメンを・・・

(・0・)おっ!そうだ、こないだ

カブ友ガンビーさんが

海老風味のつけ麺をブログに書いていたので

ここに行きたかったんだっけ

ガンビーさんのブログはこちらから





麺や樽座小宮店です。

麺や樽座小宮店 外観














@東京都八王子市小宮町941-1

地図







麺や樽座は、最初は明神町にありまして

そこで2006年8月に食べたのが初めてです。

その後2007年6月本店として

この小宮店が開店し、

明神町店は支店として残ります。

さらにその後2009年2月

八王子駅南口子安町店が開店して、

その後、2010年3月30日

元本店であった

明神町店が閉店しました。

よって、現在は市内2店舗

の展開となっています。

自宅からは、子安町店が一番近いので

一番多く訪店していますね。





醤油ラーメンもあるのですが

麺や樽座に来たらまずこれをいただきます

14/09/19麺や樽座小宮店 味噌ラーメン+味玉1














味噌ラーメン(海老風味)

+トロ~リ半熟味付玉子

750円+100円







スープは、濃厚な豚骨ベースの味噌味です。


クリーミーで優しく、甘みのあるスープの上には


樽座の特徴でもある、


香ばしい『海老油』が見えます。


これがときどき無性に食べたくなるんですよねぇnote


スープは中華鍋で具と一緒に調理されて、


茹で上がって器にスタンバイしている麺の上に


一気にかけられる札幌スタイルです。



14/09/19麺や樽座小宮店 味噌ラーメン+味玉2














お店の人に声を掛けると

『魚粉』を出してくれます

グッと魚介系へ引き寄せるアイテム。









14/09/19麺や樽座小宮店 味噌ラーメン+味玉3














麺は、ぷりっとした

中太縮れ麺です。

しっかりとした多加水麺で、

濃厚で個性的なスープにも負けない

相性の良い麺ですね。









14/09/19麺や樽座小宮店 味噌ラーメン+味玉4














具は、モヤシ、挽き肉、白胡麻、

長葱スライス、やや甘みのあるメンマ、

そしてバーナーで炙られた


ロールバラチャーシューが1枚です。


追加トッピングの味玉は、


トロ~リ半熟という


キャッチコピーのとおり


濃いめの味がついた


黄身がとろけだし。。。


おいしいですね~


(´∇‵)






“海老の風味”が好きな人には


たまらないラーメンです


つけ麺もありますが、


樽座に関しては


きよすけは、海老の風味が


より香り立つラーメンのほうが


お気に入りです。


(^_^)








にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ

ファミリーマート 俺の丼プリン

最近、コンビニのファミリーマートでは

がっつり系スイーツ

『俺の・・・』シリーズを販売しており、

普段あまり買わないものの

今回はこちらを購入・・・

(^_^;)

14/09/19ファミリーマート 俺の丼プリン1ファミリーマート

俺の丼プリン

298円










14/09/19ファミリーマート 俺の丼プリン2縦長の俺のプリンは

カラメルが入って

いませんが、

丼プリンには

カラメルが入っていたのが

購入の大きなポイント






14/09/19ファミリーマート 俺の丼プリン3表面の見た目は

ほぼ茶碗蒸しですが(笑)

ぷるぷるとぅるんとした

とろけるような口当たりは

プリンそのもの。

パステルとプッチンプリンの

中間くらいの印象でしょうか。

(^_^)






最後に・・・衝撃映像を・・・

14/09/19ファミリーマート 俺の丼プリン4ちゃららら~ん

『おわかり

いただけただろうか・・・』


※スピリチュアル番組風






すき家の牛丼(ミニ)466kcal

よりもカロリーが多いのだ

(^_^;)




にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
にほんブログ村




回想シンキングタイム(仮)

『いつのまにか』


いつのまにか 歩き出していた


いつのまにか 夢中になっていた


いつのまにか 夕暮れになっていて


いつのまにか 君とも逢えなくなっていた


いつのまにか 大人になっていて


いつのまにか ここまで来てしまった


 
 

それに気付いたとき


僕はやっとのことで空を見上げた


それは懐かしさに満ちあふれていて


僕の目には少し眩しすぎた


 
 

急いでバス停まで走ったけれど


僕の乗りたかったバスには


もう間に合わなかった


両ひざに手をついた僕の目に


石ころのころがった懐かしい道が


夕日に照らされているのが映っていた


そういえば こんなに走ったのは


何年ぶりだろうか


この胸の高鳴りはなんだろう


 
 

僕はまた歩き出していた


それにしても 僕らに与えられた時間とは


なんて限られたものなんだろう


僕は取り残されてしまったのだろうか


それとも 僕が急ぎ過ぎたのだろうか


いずれにせよ 幸い僕はこうして


自分自身を見つけることができたのだ


僕が僕であるための




1990年2月 kiyosuke



DSCN2015














回想シンキングタイム(仮)

『消せない痛み』


降り出す雨の音 行き交う人波


聞こえない ざわめきの中で


やりきれない気持ち 抑えることさえ


できないで 歩き出す舗道


 
 

多分これが 最後の夜さ


そんな風に 強がってみせて


溜め息ついてる



 

こんなに君だけを忘れようとしている


わかったふりをして嘘ばかりをついている


だけど右の頬に残る君は消せない






上着のポケットに あるだけの気持ち


ねじこんで あてもなく歩いた


 

多分きっと 悪いのは僕さ


辛い気持ち 隠しきれずに


答えも出せずに


 
 

こんなに君だけを忘れられないでいる


優しいふりをして傷つけてばかりいる


性格さえ見えなくなる夜を消そうと


 
 

こんなに君だけを忘れようとしている


わかったふりをして嘘ばかりをついている


だけど右の頬に残る君は消せない




1990年2月 kiyosuke





DSCN3756-1
















ど♪みそシンキングタイム(仮)

2013年7月6日掲載

ココログ版きよすけの悠々備忘録

『ど♪みそ町田店』より転記





13/07/06ど・みそ町田店これからどうなるか


わからないなんて


どうしたらいいか


わからないから


いってるばあいが


ほとんどだって


だれかがいってた。


いいわけしないいきかたを


しなくちゃいけない。




          kiyosuke


アクセスカウンター(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
ブログ内記事検索
カテゴリ別アーカイブ
ブログ村リンク
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
ブログ村リンク
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
ブログ村ランキング
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード